【主要著書・論文】

  • 野地有子, 2019, 看護学テキストNice 国際看護 国際社会の中で看護の力を発揮するために, 第Ⅱ章看護における文化, 3.文化ケアアプローチ, P42-49.
  • 野地有子,2019, 日本看護協会機関誌 看護, 看護国際化ガイドラインに向けて:看護管理の支援からの政策提言―多文化に育まれたシンガポールのICN大会に参加して,71(11), 76-77.
  • 野地有子, 野崎章子, Anil Bankar, 福田淳子, 炭谷大輔, 大島紀子, 米田礼, 2019, メディカルツーリズムのトレンドと看護教育の主要課題, 千大看紀要, 41, 67-73.
  • 野地有子, 野崎章子, 炭谷大輔, 大島紀子, 米田礼, 2018, メディカルツーリズムのトレンドとアカデミック・アウトルック-アラブ首長国連邦ドバイの経験を学ぶセミナーを開催して-,日本健康科学学会学会誌, 34(4), 227-233.
  • 野地有子,岡田忍,中村伸枝,宮﨑美砂子,正木治恵,Heeseung Choi, JuYoung Yoon, Kim Sungjae, JaHyun Kang, Pakvilai Srisaeng Sauwamas Khunlan Theunnadee, 2018, グローバル人材育成を推進するアジア圏における教育研究プラットフォームの構築-学術交流協定校3大学による国際シンポジウムの共同開催-, 千大看紀要, 40, 67-71.
  • 野地有子,野崎章子,近藤麻里,飯島佐知子,小寺さやか,溝部昌子,金一東,中山健夫,宮坂勝之・菅原浩幸,山口直人, 2018, 看護実践におけるCPG(クリニカルプラクティス・ガイドライン)の位置づけ-2017キックオフ国際シンポジウム「診療ガイドラインの軌跡と未来形」-, 千大看紀要, 40, 55-60.
  • 望月由紀,野地有子,2017, 文化ケアモデルの変遷にみるカルチュラル・セーフティ・ケアの要点~共感性を手がかりに, 日本健康科学学会誌,33(4), 245-254,.
  • Ariko Noji, Yuki Mochizuki, Akiko Nosaki, Dale Glaser, Lucia Gonzales, Akiko Mizobe, Katsuya Kanda, 2017, Evaluating cultural competence among Japanese clinical nurses: Analyses of a translated scale, International Journal of Nursing Practice, 23(supple.1), Journal of Nursing and Human Sciences, doi:10.1111/ijn12551.
  • 野地有子,Sally Brosz Hardin,Lucia Gonzales,Connie Curran, 2017,「看護の未来」にむけた国際共同教育の実践,千大看紀要, 39, 51-57.
  • 炭谷大輔,野地有子,大島紀子, 2017, 我が国の保健医療福祉におけるゲーミフィケーションの活用と課題, 日本健康科学学会誌,33(1), 51-61.
  • 野地有子, 2016, 時代の要請に応える看護職としてのプロフェッショナリズムを発揮できる人を育てる-看護教育の質保証から-,保健の科学, 58(5), 301-306.
  • 望月由紀,野地有子,パクビライ・スリサング,長谷川みゆき, 2016, タイ王国東北部地域の病院看護部から見た病院と看護の国際化対応の現状調査~3病院への聞き取りから~,千大看紀要, 38, 69-74.
  • Janice Morse, Lauren Clark, Tracii Haynes, Ariko Noji, 2015, Providing cultural care behind the spotlight at Olympic Games, International Journal of Nursing Practice , 21(supple.1), 45-51, Journal of Nursing and Human Sciences.
  • 野地有子,望月由紀,溝部昌子,赤沼智子,大友英子,2015,ワシントン大学クリスマン教授特別講義 病院と地域の連携による看護のアウトリーチ実践~看護管理者によるCommunity-Based Participatory Researchアプローチ~,千大看紀要,37,79-84.
  • Lucia Gonzales, Anne Koci, Rose Mary Gee, Ariko Noji, Dale Glaser, Allison K Marsh, Kathy K Marsh, Amara Michella Altman, Nasser Al Salmi, Sulaiman Al Sabei, 2015, Caring for women globally: Psychometric testing of two instruments translated into five languages for use in cardiovascular recovery. International Journal of Nursing Practice, 21 (Suppl. 1) 27-37. Journal of Nursing and Human Sciences.

【招聘講演・基調講演・シンポジウム・学会発表】

  • A.Noji, A.Nosaki, M.Kondo, S.Iijima, S.Kotera, A.Mizobe, nGlobe:The current situation and problems of nursing care in hospitals caring for international patients in Japan – To make a policy recommendation from the viewpoint of nursing administration –, International Council of Nurses Congress 2019, Marina Bay Sands Singapore, June 27-July 1, 2019.
  • Ariko Noji : Innovation for Future Nursing :Convergent Education IPE&W, Reserch Institute of Nursing Science, Hanyang University, 漢陽大学看護学研究所国際学術大会講演集,P3-17, 7th June,2019.
  • 野地有子,野崎章子,溝部昌子,近藤麻理,小寺さやか,飯島佐知子:外国につながりのある人たちへの看護ケア-異文化との出会い42病院マップの開発と活用-,第9回日本看護評価学会学術集会抄録集,東京工科大学蒲田キャンパス,東京都,2019年3月11日~12日.
  • 溝部昌子, 野地有子, 近藤麻理, 小寺さやか, 2018, 医療における職員ダイバーシティでの文化の調整・適応の一例-カンボジアA病院での調査より-, 第38回日本看護科学学会電子抄録集.
  • Ariko Noji, 2018, Academic Outlook Education and skilled workforce on Medical and Wellness tourism from Nursing perspactive, The 1st Maharashtra Health and Wellness Tourism Conference 2018, Taj Land's End, Mumbai, Maharashtra, India.
  • 野地有子,野崎章子,炭谷大輔,米田礼, 2018, メディカルツーリズムのトレンドとアカデミック・アウトルック-アラブ首長国連邦ドバイの経験を学ぶセミナーを開催して-. 第34回日本健康科学学会学術大会抄録集, 187.
  • 炭谷大輔,野地有子, 2018, 保健分野におけるゲーム要素の活用事例に関する文献検討-モバイルアプリケーションの活用実態-, 第34回日本健康科学学会学術大会抄録集, 188.
  • <インフォメーションエクスチェンジ>野地有子,野崎章子,近藤麻理,飯島佐知子,小寺さやか,溝部昌子,大友英子,坂本眞奈美,小林康司,浜崎美子,2018, 病院の国際化における外国人患者への質の高い看護提供を目指して-看護管理の視点から-, 第22回日本看護管理学会学術集会抄録集, 197,.
  • 松岡光,飯島佐知子,大西麻未,野地有子,野崎章子,丸山恭子, 2018, 日本に滞在する外国人から見た日本の病院の看護の質の評価. 第22回日本看護管理学会学術集会抄録集, 229
  • 野地有子:研究者と実践者の出会いコーナー,第22回日本看護管理学会学術集会,神戸ポートピアホテル/神戸国際会議場,兵庫県.
  • Ariko Noji, Akiko Nosaki, Eiko Otomo, Manami Sakamoto, Mari Kondo, Sachiko Iijima, Sayaka Kotera, Akiko Mizobe, Koji Kobayashi, Daisuke Sumitani, 2018, Difficulties in delivering nursing care to international patients among Japanese nurses:A qualitative approach,The 7th Global Congress for Qualitative Health Research, Seoul, Korea
  • 野地有子,野崎章子, 2018, わが国の看護職のカルチュラル・コンピテンスに関する研究-潜在的分析から-. 第8回日本看護評価学会抄録集, 42,
  • Ariko Noji, Akiko Nosaki, Dale Glaser, Lucia Gonzales, Daisuke Sumitani, 2018, Associations between Japanese version Caffrey Cultural Competence in Healthcare Scale (J-CCCHS) score among Japanese clinical nurses and background characteristics, 21th EAFONS & 11th INC, Seoul, Korea.
  • Ayako Aihara, Ariko Noji, 2018, The Current status of Visiting Nursing system in community care for the elderly: Japan, 21th EAFONS & 11th INC, Seoul, Korea.
  • 野崎章子,野地有子, 2017, 日本人看護師の外国人患者への看護ケア提供における困難と属性の関連:テキストマイニング結果より, 第37回日本看護科学学会学術集会電子抄録集.
  • Ariko Noji, Akiko Nosaki, Dale Glaser, Lucia Gonzales, 2017, Classifications of cultural competence among Clinical Nurses in Japan using Latent Profile Analysis, International Healthcare & patient Safety Conference, Dubai, UAE .
  • Ariko Noji, Mari Kondo, Sayaka Kotera , Akiko Mizobe, 2017, Faculty Development for Global Education in Nursing -Faculty members' positive experiences-, TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, Bangkok, Thailand.
  • Akiko Nosaki, Ariko Noji, 2017, Difficulties in delivering nursing care to foreign patients among Japanese nurses and their attributes: text mining approach, TNMC & WANS International Nursing Research Conference 2017, Bangkok, Thailand.
  • 野地有子,野崎章子,望月由紀,炭谷大輔, 2017, 日本の病院看護師のカルチャラル・コンピテンスと属性背景因子の関連,日本健康科学学会第33回学術大会抄録集,212.
  • 炭谷大輔,野地有子,野崎章子,望月由紀, 2017, 外国人患者看護ケア能力向上に向けた看護職教育アプリ開発,日本健康科学学会第33回学術大会抄録集,213.
  • Lucia Gonzales, Anne Koci, RoseMary Gee, Dale Glaser, Ariko Noji, 2017, Musings of biobehavioral researchers in studying woman’s religiousness globally, 2017 Conference on Medicine and Religion, Houston.
  • 野地有子,野崎章子,望月由紀,北池正,溝部昌子,菅田勝也, 2017, 我が国の看護職のカルチュラル・コンピテンス能力開発領域に関する研究~テキストマイニング分析から~,第7回日本看護評価学会学術集会講演抄録集, 41.
  • Yuki Mochizuki, Ariko Noji, Mari Kondo, Yukiko Iioka, Akiko Nosaki, Masae Nishiyama, Eiko Ootomo, Manami Sakamoto, Daisuke Sumitani, 2017, Educational nursing application to cultivate cultural competence in Japan, The 20th EAFONS, Hong Kong.
  • 小寺さやか, 野地有子, 近藤麻理, 飯岡由紀子, 溝部昌子, 2016, 看護系大学における国際交流推進のためのFDコンテンツの効果~報告会後のアンケートより~, 第36回日本看護科学学会学術集会, 598.
  • 野地有子, 近藤麻理, 小寺さやか, 飯岡由紀子, 溝部昌子, 2016, 看護系大学における国際交流と大学間・学部協定に関する調査研究~MOUの評価の視点から~, 第36回日本看護科学学会学術集会, 217.
  • Akiko Nosaki,Ariko Noji,Tomoko Suzuki,Yuki Mochizuki,Tadashi Kitaike,Daisuke Sumitani, 2016, Difficulties in delivering nursing care to foreign patients among Japanese registered nurses, 5th World Congress of Clinical Safety 2016,Boston,USA.
  • 野地有子, 野崎章子, 望月由紀, 柳堀朗子, 菅田勝也, 2016, 外国人患者へのケア提供に際して看護師が持つ困難さ~テキストマイニング分析から~, 第54回日本医療・病院管理学会学術総会.
  • 炭谷大輔, 大島紀子, 野地有子, 2016, 新入社員への健康づくり 第二報 ゲーム要素を中心として, 第32回日本健康科学学会学術大会.
  • Ariko Noji, Mayuko Tsujimura, Yuki Mochizuki, Tomoko Suzuki, Akiko Mizobe,
  • Daisuke Sumitani, Ryoko Yanagibori, Katsuya Kanda, Julia P.Fortier, Noel J.Chrisman, 2016,  Community and Hospital Relationship for Cultural Appropriate Health Care Services in Japanese Hospitals. The 3rd Korea-Japan Joint Conference on Community Health Nursing , Pusan, Korea.
  • 野地有子, 2016, 医療介護総合推進法による地域包括ケアシステム改革~新たな病院・施設経営に求められる患者・家族中心の栄養ケア・マネジメントとサービス提供ができる人の教育~.第16回日本健康・栄養システム学会シンポジウム.
  • 野地有子, 柳堀朗子, 野本尚子, 2016, 管理栄養士が外国人患者のベッドサイドに訪問する病院・しない病院-病院の国際化の視点から, 第16回日本健康・栄養システム学会.
  • 野地有子,山下純,鈴木友子,溝部晶子,望月由紀,北池正,野崎章子,炭谷大輔,菅田勝也, 2016, 看護職のカルチュラル・コンピテンス測定に関する研究~カフリー・ヘルスケア文化能力尺度を用いて~,第6回日本看護評価学会学術集会.
  • Tomoko Suziki, Ariko Noji, Mariko Kondo, Yuki Mochizuki, Mayuko Tsujimura, Ayumi Wakasugi, Ayako Aihara, Heeseung Choi, 2016, Mesuring the cultural competence of Japanese nursing students using the Cultural Awareness Scale, EAFONS, Chiba.
  • 鈴木友子,野地有子,近藤麻理,辻村真由子,望月由紀,溝部昌子, 2015, 看護学生の文化対応能力と影響要因に関する研究~opennessに着目したスケールを用いて~,第35回日本看護科学学会学術集会.
  • 野地有子, 望月由紀, 鈴木友子, 辻村真由子, 長谷川みゆき, 小嶋純, 菅田勝也, 2015, 病院看護部から見た病院と看護の国際化に向けた現状調査(第1報), 第53回日本医療・病院管理学会学術集会.
  • 望月由紀, 野地有子, 鈴木友子, 辻村真由子, 長谷川みゆき, 小嶋純, 菅田勝也, 2015, 病院看護部から見た病院と看護の国際化に向けた現状調査(第2報)~病院における通訳に焦点を当てて~, 第53回日本医療・病院管理学会学術集会.
  • Ryoko Yanagibori, Ariko Noji, Tomoko Suzuki, Yuki Mochiduki, Mayuko Tsujimura, Daisuke Sumitani, Katsuya Kanda, 2015, Relevant Factors in the Experineces of Difficulties with International Patients in Japanese Hospitals, 10th International Nursing Conference,Korea.
  • Gonzales, L., Koci, A., Gee, R.M, Noji, A., 2015, Family living and the roles of mother, worker and partner, Poster presented at the Council for the Advancement of Nursing Science 2015 Special Topics Conference, Emerging Areas of Family Health Research Across the Lifespan, Washington, DC, USA.
  • Ariko Noji, 2015, Nursing Faculty Development and Collaborative Activities
  • between Universities, 10th International Nursing Conference, Seoul, Korea.
  • 大島紀子,野地有子, 2015, 看護職による長時間労働面接の実施について 第3報 ‐A社本社地区における看護基準を取り入れた取り組み-, 第31回日本健康科学学会.
  • Gonzales, L., Koci, A., Gee, R. M., Noji, A., Glaser, D ., Marsh, A., Marsh, K ., Altman, A., Al Salmi, N., Al Sabei, S., 2015, Psychometric testing of instruments for use in women's cardiovascular recovery globally, Poster presented at the American Heart Association/American Stroke Association BCVS2015 Basic Cardiovascular Sciences Scientific Session, New Orleans, LA, USA.
  • 辻村真由子, 野地有子, 若杉歩, 2014, 韓国の病院とクリニックにおける外国人患者への対応の実際:外国人に安全に医療を提供するための看護管理, 第34回日本看護科学学会学術集会.
  • 溝部昌子, 野地有子, 2014, 医療の国際化に向けた看護の課題, 第34回日本看護科学学会学術集会.

【セミナー・研修】

  • 野地有子,2019,nGlobe研修ベーシックコース「看護職の多文化対応能力研修」,外国人患者受け入れに向けた取り組み, 千葉大学看護学研究科,7月7日.
  • 野地有子,2019,nGlobe研修ベーシックコース「看護職の多文化対応能力研修」, 外国人患者受け入れに向けた取り組み,関西医科大学看護学部,7月20日.
  • 野地有子, 2019, 第2回グローバルヘルス国際セミナー開催,シャリテ・ベルリン医科大学病院看護部長Judith Heepe氏の講演 Nursing in Germany,千葉大学シャリテキャンパス長 森千里教授及びベルリンオフィス柏原誠客員研究員による「シャリテ医科大学紹介と千葉大学との連携について」,看護学研究科 講義・実習室.
  • 野地有子, 2019, 第4回センター共同研究員拡大会議にてシャリテ・ベルリン医科大学病院看護部長Judith Heepe氏の講演,1) Intercultural Competence Training 2) Patient Safety in Germany ,TKP東京駅カンファレンスセンター.
  • 野地有子, 2018, 外国人患者対応の現状と課題, 山武郡福祉センター看護管理者研修会,山武郡健康福祉センター,千葉県.
  • 野地有子, 2017, キックオフ国際シンポジウム2017,聖路加国際大学 日野原ホール(大村進・美枝子記念聖路加臨床学術センター).
  • 野地有子, 2017, 文化の多様性に配慮したケア提供のための看護ガイドライン開発に向けて,聖路加国際大学 日野原ホール(大村進・美枝子記念聖路加臨床学術センター),
  • 野地有子,近藤麻理,小寺さやか,溝部昌子, 2017, グローバル人材育成と国際交流の推進に向けたFD・SDに関する調査研究-看護系大学全国調査から-「共同研究推進のための合同研究発表会」,千葉大学西千葉キャンパス,2017.
  • 野地有子,近藤麻理,小寺さやか,飯岡由紀子,溝部昌子, 2016, 看護系大学におけるグローバル人材育成と国際交流の推進を考える-国際交流委員にあたってしまったら!-,第36回日本看護科学学会学術集会, 433.
  • 野地有子, 2015, 第2回ANCC(Asian Nurses’ Cultural Competence)国際シンポジウム,病院と看護の国際化に向けた文化対応能力の評価-国内病院調査の中間報告-, 第5回日本看護評価学会学術集会.
  • 野地有子, Julia Puebla Fortir, 林久美子, Mary Jo Clark, 2015, 第2回ANCC(Asian Nurses’ Cultural Competence)国際シンポジウム,「病院および看護の国際化について~米国CLASガイドラインから学ぶ~」, 第5回日本看護評価学会学術集会.

【報告書・パンフレット・書評】

  • 野地有子,溝部昌子,近藤麻理,小寺さやか,野崎章子,相原綾子,炭谷大輔,米田礼, 2019, 10年後を見据えたグローバル人材育成・国際交流の推進 コンテンツ報告書Vol.3,千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践指導センター.
  • 野地有子,野崎章子,溝部昌子,飯島佐知子,近藤麻理,小寺さやか,炭谷大輔,米田礼, 2019, 科研事業中間報告書 FY2017-2018 国際シンポジウム・セミナー.
  • 野地有子, 2018, 海外で、日本で、国際的な仕事への挑戦に踏み出すきっかけとできる書.『知ってみて考える 国際看護 第2版』近藤麻理著,59(10), 901.
  • 野地有子, 2018, しおり2018 異文化との出会い病院マップ編.
  • 野地有子, 2018, 公的病院におけるELNEC教育プログラムの開発 ELNEC高齢者版モジュールの事例 コンテンツ事例集.附属看護実践研究指導センター.
  • 野地有子,溝部昌子,近藤麻理,小寺さやか, 野崎章子,炭谷大輔, 2018, 10年後を見据えたグローバル人材育成・国際交流の推進 コンテンツ報告書Vol.2.附属看護実践研究指導センター.
  • 野地有子, 近藤麻理, 小寺さやか, 飯岡由紀子, 溝部昌子, 炭谷大輔, 2016, 平成27年~28年度看護学教育FDマザーマップ・コンテンツ開発,10年後を見据えたグローバル人材育成・国際交流の推進 コンテンツ報告書,千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター.