JSPS 野地有子科研Aプロジェクト(FY 2017〜2021 科学研究費補助金)
Nursing care for global:Cultural Diversity

nGlobe研修セミナー2020(9月_Web開催)
看護職の多文化対応能力研修
質疑応答

セミナーで頂いた質問に対するウテ先生の回答を掲載します。
9月19日の質疑応答
9月26日の質疑応答(準備ができた回答から順次掲載しています)

9月19日の質疑応答

Q1:多くの難民を受け入れる難民支援体制をドイツ政府が進める中で、学校、企業、病院などでは、Multicultural education(多文化対応教育)はどの程度波及されているのでしょうか?

A1:看護学校では、異文化教育や文化に配慮した看護/看護と社会の多様性がカリキュラムに組み込まれるようになってきています。まだまだ発展途上と言わざるを得ませんで、すべての看護学校が多文化教育を考慮しているわけではありませんが、異文化間の教育が増えてきている傾向にあります。 病院についても同様で、すべての病院が異文化間教育を実施しているわけではありませんが、増えてきています。 今のところ、ドイツ政府は病院や看護学校に異文化研修を盛り込むことを義務付けていません。 難民の増加に伴い、多くの学校で強制移住について教えるようになり、学校でも異文化学習の教材が増えていますが、カリキュラムに義務づけていることは知りません。 企業としては、最大手で最も国際的な企業が定期的に異文化トレーニングを実施しています。また、多くの国際的なスタートアップ企業が異文化トレーニングやコーチングに興味を持っています。 多くの企業が若い難民の実習やインターンシップを受け入れており、多文化問題や異文化学習への関心が高まっています。 しかし、零細な国内企業は、この分野ではあまり積極的ではないようです。



Q2: Intercultural conflict style inventoryの4つのstyleは興味深いです。日本においても、日常の対立場面では様々なstyleを示す集団や人がいて看護管理者としてそれぞれの考え方や多様性を理解し、自身のImplicit Biases(無意識のバイアス)をどうコントロールするかが大切と思いました。この無意識のバイアスをいかに克服するかというところでどのようなことが考えられますか?

A2: このような重要な質問をありがとうございます。人間は誰でも無意識のうちに偏見や固定観念、偏見を心の中に持っているものだと思います。しかし、異文化スキルやソーシャルスキルのトレーニングを受ければ、自分の心の中にあるバイアスをより意識的に意識するように訓練することができると思います。異文化トレーニングは、一つの出来事や個人の行動を異なる視点から捉え、解釈するのに役立ちます。私たちは時々、偏ったパターンで思考している自分に気づくことがあるかもしれません。その時、私たちは自分自身に言い聞かせることができます。ちょっと待ってください - この個人の行動を認識し、理解するための別の方法もあるのでしょうか?この方法では、この個々の私たちの第一印象や判断から自分自身を距離を置くことができるかもしれません。理想的には、私たちはよりオープンな心を持ち、その人とその人の状況について学ぶことができます。我々は、背景情報を取得し、質問をすることがあります。彼との会話を始めることもあるかもしれません。より多くの情報を得て、新しい方法で彼の行動を評価することができるかもしれません。 自分のことをもっと知り、無意識のバイアスパターンを意識化することも大切だと思います。自分が持っているこのステレオタイプはどこから来ているのか?どこで身につけたのか?誰が教えてくれたのか?誰が私に教えてくれたのか? 最も重要なことは、自分自身の信念、認識、固定観念、判断を疑うことを厭わないという自己批判的な態度を身につけることができうるということでしょう。



Q3: 対立や葛藤への対応の他に、対立や葛藤を予防することも大事かと思います。 予防する時の、核になる考え方は、社会人類学からみると何でしょうか。 どうすればよいか、看護師へのアドバイスはありますか。

A3: 紛争予防には様々なものがありますが、まず、敬意を持って接すること、会話をすること、相互作用をすることです。親身になって共感すること。十分な情報を提供し、質問に喜んで答えること。人が差別されていると感じて対立を始めることもあるので、自分の判断を透明にすることは非常に重要です。 例えば、あなたが、家族Aには4人の親戚と一緒に訪問することを許可していて、家族Bには2人の訪問者しか許可していない場合、あなたは紛争を誘発する傾向があります。看護チームのレベルでは、一連のルールに同意し、そのルールを守ることが重要です。そのように、チームの各看護師は、家族のメンバーに一般的なルールを説明することができます、例えば、患者ごとに、2 人の訪問者だけが許可されていますと。 また、相手を「トレーナー」として見るのも有効かもしれません。そうすれば、個人的なレベルで攻撃されていると感じる必要はなく、自分の役割に気づくことができるかもしれません。あなたは病院の代表であり、医療システムの代表であり、相手はあなた個人ではなく、この役割を担っているあなたに反応します。そうすることで、苦しい状況でも冷静になることができるかもしれません。 予防という意味では、「アクティブリスニング」という会話術も教えています。エンパシーリスニング」と呼んでもいいでしょう。これは、聞き手(例えば看護師)も話し手の行動やボディランゲージを観察するという心理学的なコミュニケーション方法です。相手のボディランゲージを解釈できるようになると、話し手の感情やメッセージ、気分などをより正確に理解できるようになります。 話し手の話を聞いた後、聞き手は話し手のメッセージを言い換えることができます。例えば、「あなたのお母さんの状況があなたにとって非常に不満だと言っているのを聞きました」と言ったり、「あなたのお母さんの状況があなたにとって非常に不満だと言っているのを聞きました」と言ったりします。このようにして、聞き手は注意深く聞いていたことを示し、話し手に興味を持っていることを示します。聞き手は、話し手のメッセージをできるだけ忠実に言い換え、話し手のメッセージを歪めないようにする必要があります。聞き手はまた、共感を示し、話し手の感情を検証することができます。例えば、次のようなことが挙げられます。"これはあなたにとって非常に不安なことでしょうね..." また、問題を正しく理解したかどうかを話し手に尋ねることもあります。これは紛争の予防や緩和に役立ちます。誰かが実際に自分のことを傾聴して理解してくれていると感じるので、話し手は落ち着いてきます。 この会話のテクニックを採用すると、スピーカーは敵としてリスナーを認識することができます。 最終的には、聞き手は積極的に満足のいく解決策を見つけるために話し手を巻き込んで、例えば、彼に "この状況で今何があなたを助けるだろうか?または彼は彼自身のいくつかのソリューションを提供することがありますが、彼は彼が行うことができない何かを約束するべきではありません。 たぶんこの会話のテクニックは文化的に偏っている、それは米国のアメリカの心理療法士カール-ロジャースによって開発されました。私たちの参加者にはかなり効果がありますが、練習が必要です。私たちは、ロールプレイと相互作用の練習によってそれを練習します。



Q4: 看護師の仕事は、感情労働といわれることがあります。文化によって求められる看護師の感情労働は多様であることが推察できます。それであれば、看護師自体が気にかけられサポートされるべき存在ともいえます。外国人患者を恐れ、手をやいている看護師への支援として、シャリテ医大病院では、IPIKAでは、どのような考えをお持ちですか?

A4: そうですね、私も看護師にはサポートが必要だと思っています。メンタル面では「セルフケア」とよく言います。IPIKAの講座に参加したり、異文化や外国人の行動を学んだり、同僚と経験を共有したりすることは、セルフケアの一例だと思います。IPIKAの講座では、看護師の日々の仕事に敬意を表し、看護師の頑張りを認めています。 私たちは、看護師に患者さんの文化を「理解する」ことを強制することはありませんし、何としても家族です。むしろ、看護師が自分の気持ちやストレス、恐怖心、理解などの感情を共有できる場を提供しています。 社会文化的背景情報を通してオリエンテーションを行うことで、看護師のストレスを軽減することができるかもしれません。この情報は、看護師が「外国人」の患者を外国人として気にしすぎないことに役立つかもしれません。例えば、看護師は、患者の家族の男性のひとりが、攻撃的な場合でも、彼が恐怖心を抱いていることや、自分が責任を持っていることを他の家族に示したいと思っていることに気づくかもしれません。 看護師は私たちのところに来て、自分の経験や疑問を共有し、困難な状況に対処するための新しい方法を一緒に見つけようとします。 私たちは、異文化間コンピテンシーとは、共感、受容、理解だけではないと考えています。私たちはまた、看護師が自分の身を守る方法や、必要に応じて限界を設定する方法を教えています。 また、看護師が無防備で危険な状態にあると感じた場合には、管理者に支援を求めることができるようにすることも目的としています。



Q5: 異文化間対立スタイル一覧の中で、順応スタイルの中に東アジアとありますが、日本は他国と違う気がしていて、中国や韓国、フィリピンなどよりもっと間接的で感情の抑制があると思うのですが、ドイツから見るとそれほど差がないということなのでしょうか?

A5: 素晴らしいご質問ありがとうございます。異文化間コンフリクト・スタイル・インベントリーは、実際には非常に粗いツールです。世界中の文化は非常に多様です。ですから4つの対立スタイルは非常に大まかなカテゴリーであり、それぞれのカテゴリーには様々なサブスタイルが存在します。 例えば ドイツ、イギリス、アメリカは同じカテゴリーの「議論スタイル」に属していますが、ドイツ人はアメリカ人よりもはるかに分析的で、「非感情的」な客観性を追求しています。また、ドイツ人はイギリス人に比べて、より直接的なコミュニケーションスタイルを持っています。 日本、中国、韓国については、ご指摘の通り、カテゴリーごとの違いは多岐にわたっており、異文化間の対立スタイルのモデルもそうですが、多くのモデルは単純化されすぎています。また、それぞれのカテゴリーの違いは非常に重要であり、例えば日本人が韓国人や中国人の患者さんや同僚と交流する際にも考慮する必要があります。





9月26日の質疑応答 (準備ができた回答から順次掲載しています)

Q1:ウテ先生、今日のご講演、大変お勉強になりました。質問を一つさせて頂きたいと思います。例えば、本国の看護師同士が仲良くコミュニケーションしているが、ある外国籍看護師だけが話に入れなくて、リーダーもその外国籍看護師だけになんとなくいつもイライラして、怒るのことが多い。外国籍看護師がリーダーにも直接言えず、外国籍看護師本人のストレスにもなっています。その外国籍看護師はどう対応した方がよろしいでしょうか。

A1:この度はご質問ありがとうございます。少しでもお役に立てる回答ができればと思います。あなたが質問した状況は、外国籍看護師が新しい言語でコミュニケーションを取ることができないため、困難な状況にあるということです。シャリテ大学病院では、2018年に外国籍看護師が現地のチームにうまく溶け込めるように支援するために、融合マネジメント(integration management)を導入しました。癒合マネジャーは英語を話し、必要に応じて通訳できる国際的職員と連携しています。融合マネジャーは、外国籍看護師に、何か問題が発生した場合には連絡を取るように話します。ご質問のケースでは、外国籍看護師は融合マネジャーに話をして、新しいチームでの問題点を伝えることになります。 その後、癒合マネジャーはチームリーダーと話をして、その考えを聞きます。チームリーダーの上司に話をすることもあります。同時に、癒合マネジャーは外国籍看護師がより早く現地の言語を習得できるように支援します(例えば、仕事が終わったあとの語学教室など)。 状況が改善しない場合は、癒合マネジャーは外国籍看護師を別のチームに移すことを決定することがあります。場合によっては、同じ母語を話すチームメンバーがいるチームに外国籍看護師を移すことが役立つこともあります。このチームメンバーは、外国籍看護師がより早くチームに溶け込むのに役立つことがあります。



Q2:幼稚園でのAntibias trainingの詳細を教えてください。

A2:アンチバイアスのアプローチは、1980年代にアメリカで幼児のエコキュレーターによって開発されたもので、そのリーダーはルイーズ・ダーマン-スパークスでした。彼女は、幼い子ども(2歳)でも肌の色、言語、性別、身体能力などが特権や権力と結びついていることに気付きました。彼女とその同僚たちは、人種差別的な偏見や性差別的な偏見が、子どもたちの自己や他者に対する感覚の発達にいかに影響を与えるかに気づきました。そこで、ダーマン-スパークスと彼女の同僚は、幼い子供たちが客観的に考え、何か不公平だと思ったときに発言できるようにするために、幼稚園のためのアンチバイアスカリキュラムを作成しました。アンチバイアスのカリキュラムは、子どもたちが偏見に挑戦し、ステレオタイプに抵抗できるようにすることを目的としています。保護者との協力は、このアプローチの不可欠な部分でした。 アンチバイアスのアプローチはまた、アパルトヘイト体制が終わった1990年に南アフリカの早期学習リソースユニットに導入されました。 ドイツでは、1990年代の終わりから、いくつかの幼児教育プログラムにアンチバイアスプログラムが導入されました。しかし、残念ながら全国的な基準はありません。 学校や青少年教育プログラムにアンチバイアスのアプローチを適用する取り組みはあります。また、成人教育では、「多様性の対応(マネジメント)」のトレーニングで、成人の参加者にアンチバイアスのアプローチを適用したものもあります。今日、ドイツでは、アンチバイアスのカリキュラムの要素は、反差別と多様性の研修の不可欠な部分を形成しています。例えば、いつ、どのようにして固定観念や偏見を身につけたのかを自問自答する際には、アンチバイアスのアプローチが有効になります。これは、自分が他の人と比べてどのような社会的特権を持っているのか、そして偏見やステレオタイプがどのように関係しているのかを理解するのに役立ちます。